Book


九州の最北端に位置する北九州市。

工業地帯として栄え、政令指定都市として福岡市に次いで九州地方では第二位の都市として賑わいをみせているが、 実は音楽の歴史も古く全国的に見ても独特で造詣が深い事はご存知だろうか。

その昔、キャバレーやダンスホールでハコバンドが賑わい、ジャズやブラックミュージックを演奏するレベルの高いグループが存在し、70年代から80年代初頭にかけて”めんたいロック”なる言葉が生まれバンドシーンが盛り上がりを見せると、核となるバンドも北九州から雄叫びを上げた。

90年代以降も個性的なバンドは次々と現れ、北九州から上京しメジャーデビューするバンドは途切れることなく、2000年代のバンドブームでは紅白歌合戦に出場しお茶の間を賑わせたバンドも生まれた。
そんな北九州の音楽の歴史はどこから始まり、どんな風に進化し、現在に至るのか。
数多くのアーティストが生まれ、日本の音楽シーンにどのような影響を与えたのか。

昭和50年(1975年)に前身「2ぶんの1」が創刊され、長く街の賑わいを記録し親しまれてきた北九州の情報誌『おいらの街』。
その編集長を務めた高野敬市氏に協力を仰ぎ”別冊おいらの街”として、北九州の「音楽の街」の歴史を掘り起こします!

北九州出身のアーティストや音楽関係者のインタビューや対談を交えながら、北九州音楽ロックの相関図を完成させた過去に例を見ない究極の保存版です!

北九州市制60ロック周年を迎える記念すべき2023年3月に発売決定!


掲載内容

北九州の音楽シーンをスペシャルインタビューを交え時代背景と共に紹介!
  • 北九州ロックの起源 / めんたいロックとは? / 北九州と博多の気風の違い
  • 1950年代あたりから現在までの主な出身アーティストのスペシャルインタビュー掲載!
  • 当時の街の様子や盛り上がった背景など、時代の流れを体験してきた生き証人たちのインタビュー
  • 過去にあった音楽スポットやライブハウスなどの紹介やエピソード
北九州の情報誌「おいらの街」&ライブハウススケジュールなどをアーカイブで紹介!
  • おいらの街から過去の音楽ページをアーカイヴで紹介!時代の流れや当時の音楽シーンを紐解く!
  • 北九州のライブハウスの過去のライブスケジュールをアーカイヴで紹介

その他、現在の北九州音楽シーンを賑わせるバンドのインタビューやライブハウス店長による座談会、過去に開催した音楽コンテストアーカイブ、ライブハウスMAPや北九州バンド相関図など。

インタビュー掲載ミュージシャン&音楽関係者の皆様

大江慎也(ex.ザ・ルースターズ)、花田裕之(ex.ザ・ルースターズ)、 井上富雄(ex.ザ・ルースターズ)、池畑潤二(ex.ザ・ルースターズ)、福田純太郎(ex.バイキング)、幡手勝則(ex.シンデレラ)、針尾清&桐原元文(ex.とべない飛行船)、木原龍太郎(ex.BLUE TONIC、ex.ORIGINAL LOVE)、冷牟田⻯之(ex.ハイヒール、ex.東京スカパラダイスオーケストラ)、田部俊彦(ex.なしか)、 中尾カオル(ex.国士無双)、論手修(ex.ラブマシーン)、広石武彦(ex.UP-BEAT)、倉掛“HIDE”英彰(ex.NEW DOBB)、ナガハタゼンジ&TOGGY(ex.ステップ)、南澤時正(ex.Z-BACK)、GUNN(ex.DaYS’CHANNEL)、菅沼史稔(ex.ギルカバー&ザ・モンキー) 、有松益男(BACK DROP BOMB)、中尾憲太郎(ナンバーガール)、SHOGO(175R)、ユースケ&ミサト(SCHOOL GIRL’69)、鶴瑞輝(hi*limits)、ノグチテッペイ(ex.Hi-5)、井上トモノリ(ex.テイントン)、Sheenya(LOT)、SIVA(TWENTY WAVE)、KAYOKO&KAZU(ex.UP STEADY)、NOLLY MACH3(MAMI AND THE MACH Ⅲ)、HURRICANE(NEO FANTASTIC)、1000 TRAVELS OF JAWAHARLAL、SHIMA、HERO COMPLEX、首振りDolls、KLAXION、月追う彼方、VII DAYS REASON ほか。

※内容は変更になる場合がございます。


N9S MUSIC PROJECT presents
別冊おいらの街 『北九州音楽(ルビ:ロック)全史』

  • 著作・監修: N9S MUSIC PROJECT
  • 特別協力: おいらの街
  • 版元: N9S MUSIC PROJECT
  • 発売時期: 2023年3月下旬
  • 価格: 2,727円 (税込3,000円)
  • サイズ: A4(フルカラー印刷)
  • ページ: 206ページ